東山動物園の動物たち

(この記事は一番上に表示されるようになってます)
東山動物園の動物を撮った写真や動画がたくさん増えたので、下記の別表を作った。
85種類越え ←
250本越え ←
2010/07/14
現在
撮影した動物一覧 ・・・動物別に撮った写真や動画(本数)の有無。
動画一覧表(動物) ・・・動物の動画の一覧(UP順)。
動物の画像は、写真アルバムの東山動植物園で撮った写真にある。
動物の動画付き記事は、サイト内検索で”動物の動画”と検索すると現れる。

| | コメント (8)

2018年9月21日 (金)

虎視眈々 獲物狙う

先日の中日新聞に、ナイルワニの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180903zoo

 水面に浮かぶ目と鼻が、獲物の登場をじっと待つ。
ワニとはいえ、虎視耽々の言葉が似合う。
 狙いが定まれば気配を消して、波立てず、忍びのようにすーつと動く。
接近は飼育員にさえ気付かれない。
馬肉や鶏肉などの餌は、他の上にある通路から与える。
担当して2年になる安藤和典さん(45)は「今も獲物として見られている」と感じる。
 大きなロでがぶりとかめば、相手は致命傷を負う。
そのため体格が半分以下の園の雌とは一緒に暮らせない。
強すぎるがゆえの孤独に身を置いている。

 ナイルワニ ワニ目クロコダイル科。
生息地はアフリカのサハラ砂漠以南の川や湖。
7m近くまで育つ個体もいる。
昆虫や魚のほか、シマウマなど大型哺乳類も食べる。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

恋の悩み?針も無力

先日の中日新聞に、カナダヤマアラシの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180827zoo

 見た目はずんぐり、動きはのっそりの雄のムック。
来園者からナマケモノ?とよく間違われる。
でも危険を感じると、隠れた3万本の針を逆立てて「俺に触るんじゃねえ」と、身を守るトゲトゲした一面もある。
 ムックの悩みは、一緒に暮らす雌ルーリー。
11歳の同い年で、片思いしている。
たまに近寄ってみるけど、見せてくれるのはいつも威嚇の表情・・・。
 「針だけじゃなく、ルーリーの心に刺さる魅力もあればなあ」。
両腕をだらんと垂らす姿からは、そんな苦悩の声が聞こえそうだ。

 カナダヤマアラシ
齧歯(げっし)目アメリカヤマアラシ科。
北米の森林に広く生息する。
木の皮や実を食べる。
針の先には釣り針のような「かえし」があり、刺さると容易に抜けない。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

«哲学者の見せた素顔