東山動物園の動物たち

(この記事は一番上に表示されるようになってます)
東山動物園の動物を撮った写真や動画がたくさん増えたので、下記の別表を作った。
85種類越え ←
250本越え ←
2010/07/14
現在
撮影した動物一覧 ・・・動物別に撮った写真や動画(本数)の有無。
動画一覧表(動物) ・・・動物の動画の一覧(UP順)。
動物の画像は、写真アルバムの東山動植物園で撮った写真にある。
動物の動画付き記事は、サイト内検索で”動物の動画”と検索すると現れる。

| | コメント (8)

2019年12月 5日 (木)

火花を散らす貴婦人

先日の中日新聞に、ホオジロカンムリヅルの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

191014zoo

 まるで後頭部から飛び散る火花のようだ。
頭から生える金色の羽根は冠羽(かんう)と呼ばれる。
名前が示す通り、白い頬とともにこのツル最大の特徴でもある。
 東山では他の6種の烏と暮らす。
「その中でも貴婦人のようです」と飼育員は表現する。
シギのように餌をねだることばせず、アピールに必死なクジャクを木陰から静かに見つめる。
上品で控えめなのだ。
 しかし私は見た。
彼女がクジャクと同じタイミングで、競うように羽繕いする姿を。
実は貴婦人、心の中ではその頭のように、他の烏に火花を散らしていたりして。

ホオジロカンムリヅル ツル目ツル科。
アフリカ南部に生息す。
ウカンダの国。
雑食で昆虫や果物などを食べる。
頬の白さば地肌の色で、繁殖期は赤みがかる。
夜は木の上で寝る。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

”前髪”でイメチェン!?

先日の中日新聞に、アメリカバイソンの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

191007zoo

 大きな頭と立派な角。
筋骨隆々の体は、草原の王者の冥禄たっぷりだ。
あれ、でも前髪なんてあったっけ?
 彼の名前は遼。
ひときわ大きな体で、東山の群れのリーダーを張る。
餌場にいけば先にいた仲間は黙って場所を空けるし、すれ違う時は相手が道を譲る。
どちらかといえば近寄りがたい雰囲気を持つ。
 そんな遼くんが仲間の尾を借りて見せた一発芸。
武骨なリーダーから、ファッションリーダーへのイメチェンを狙ったのかな。
仲間は風になびく前髪を見ていなかったけど。

アメリカバイソン 偶蹄(ぐうてい)目ウシ科。
北米の草原や森林に暮らす。
19世紀後半に絶滅しかけたが、保護政策が成功し、頭数は回復している。
大きな個体は体重が1トンを超える。
東山では5頭が暮らしている。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

«この甘党、凶暴につき