« 飼育員にじゃれるアリクイ | トップページ | ワライカワセミを見た »

2008年9月22日 (月)

PowerShotS3ISのEVFでMFはしにくい

9月13日に東山動物園へ行って、PowerShotS3ISで動物を撮った。
080913_296
Canon PowerShotS3ISで撮影
オリの網に近い所に動物がいると柵にピントが合ってしまい、どうしようもなかった。
仕方なくMF(マニュアルフォーカス)を使ったが、PowerShotS3ISのEVF(電子ビューファインダー)は詳細に見えないので、ピントを合わせにくかった。
望遠端では被写界深度が深くないので、1枚撮るごとに液晶画面でピントが合っているかを確認したが、 PowerShotS3ISの液晶(2.0型の約11.5万画素)は、性能がイマイチなので詳細部分がはっきりと見えない。
液晶画面で拡大して確認して、ピントが合っていると思った画像以外は撮り直した。 MFで撮った画像を家のPCで確認したら、MFで撮った画像の多くが、後ピンというか被写体の少し後ろ側にピントが合っていた。
080913_297
Canon PowerShotS3ISで撮影
080913_299

PowerShotS5ISは、液晶は2.5型で約20.7万ドットになっているけど、EVF(0.33型の約11.5万画素)はPowerShotS3ISと同じで見難いので、買い換える意味がない。
12月発売予定のPowerShotSX1ISのEVFは、0.4型で約14.8万ドットなのでうーむ・・・という感じだが、 10月中旬発売のPowerShotSX10ISのEVFは、0.44型で約23.5万ドットであり、 以前に店頭で試してEVFが見やすいと思ったLUMIX_FZ50と同じ性能EVF(0.44型の23.5万ドット)である。
連写性能が約1.4画像/秒と遅くなければPowerShotSX1ISがいいけど、 EVFの性能がイマイチでも連写性能が約4画像/秒のPowerShotSX1ISが魅力的である。

|

« 飼育員にじゃれるアリクイ | トップページ | ワライカワセミを見た »

写真」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。