« フンボルトペンギンを撮る | トップページ | 3種類の測光、AEロックとフォーカスロック »

2008年10月23日 (木)

バッタを3種類の測光で撮る

バッタを見つけたので、PowerShotS3ISのいつもの設定(プログラムAE・ISOオート・WB晴天・評価測光・露出補正なし)で撮ったら、背景が白っぽいのでバッタが黒っぽく撮れた。
080909_01
Canon PowerShotS3ISで撮影
最近は撮る時にヒストグラムに注意して、露出補正をしようと思っていたので、バッタに逃げられる前にスポット測光で撮った。
080909_02
あまりに白っぽくなりすぎたので、中央部重点平均測光で露出補正+1/3で撮ったら、ちょうどいい明るさで撮れた。
080909_03
バッタはその後に向きを変えて飛び去った。
080909_04
Canon PowerShotS3ISで撮影
080909_05
メニュー画面の奥にある露出補正を変更してじっくり撮るのがいいのか、ショートカット登録してある測光をすばやく変更して撮るのがいいのか、わからない。

|

« フンボルトペンギンを撮る | トップページ | 3種類の測光、AEロックとフォーカスロック »

写真」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。