« 茶色のインドクジャク | トップページ | 逃げ足速いショウジョウトキ »

2009年8月29日 (土)

フラミンゴが赤くなる理由は・・・

映画『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』が上映されるとのこと。
フラミンゴが赤くなる理由を知って驚いた。ヒナは赤くないが、親から口移しでフラミンゴミルクと呼ばれるエサ(親が蘇軾したものと親の血が混じったもの)を与えられているうちに、ヒナが赤くなるようだ。
だから以前に東山動物園でヒナを撮った時に、ヒナは段々と赤くなってきて、ヒナを育てている親は赤色が薄くなるのかもしれない。

2008年8月中旬に灰色のフラミンゴを見かけて、白っぽいフラミンゴもいるなぁと思ったが、そういう種類なのだと思った。
2008年8月下旬の東山動物園のブログの記事で灰色のフラミンゴはヒナだと知った。
そして2008年9月に、ヒナと白っぽいフラミンゴを撮った。
080913_032
Canon PowerShotS3ISで撮影
080913_040
Canon PowerShotS3ISで撮影

子フラミンゴが親フラミンゴに甘えていた。
080913_036
Canon PowerShotS3ISで撮影

2008年11月上旬の東山動物園のブログの記事で、ヒナを育てている親フラミンゴは子育てに体力を使うので白っぽくなっていると知った。
この子育ての時のフラミンゴミルクで、親の赤色が抜けて子供の赤色が増すのかもしれない。

2008年12月に撮った、色が濃くなったヒナと色が戻りつつある白っぽいフラミンゴ。
081220_114
Canon PowerShotS3ISで撮影
081220_115

|

« 茶色のインドクジャク | トップページ | 逃げ足速いショウジョウトキ »

写真」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。