« デジイチは背景がボケるから・・・ | トップページ | YouTubeのデザインが変わっていた »

2011年9月29日 (木)

東山動植物園の入場者数、2位に

東山動植物園の昨年度の入場者数が、5年ぶりに全国2位になったという、中日新聞の記事があった。
それまでの2位は、北海道旭川市の旭山動物園だった。
1位は東京都の上野動物園。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

 東山動植物園(千種区東山元町)の入園者数が昨年度、5年ぶりに全国2位に返り咲いた。
東山は入園者数の減少幅が小さく、旭山動物園(北海道旭川市)を抜いた。
関係者は毎年、新しい施設をオープンする「ディズニーランド式」の効果が表れたとみている。
 東山の入園者数は1969(昭和44)年度に330万人を超えたが、2005年度は165万人に半減。
間近で動物を観察できる行動展示で売り出した旭山に、上野動物園(東京)に次ぐ2位の座を奪われた。
 「何か新しい施設がオープンしていれば、新鮮さを感じてもらえる」と東山の担当者。
08年にチンパンジー、10年はニホンザルやアメリカバイソンなど、動物の生態を生き生きと見物できるように展示の工夫に乗り出した。
 10年度の入園者は218万人に戻り、旭山の206万人を上回った。
東山はペンギンやアシカ・アザラシ、オオアリクイ、オオカミなどの獣舎を、来春以降も計画している。
 とりわけ力を入れるのが、13年秋にオープン予定のアジアゾウ舎だ。
ゾウは来園者の人気投票で昨年、1984年にコアラが一般公開されて以来初めて、コアラ以外で1位になった。
 餌を与えるイベントは好評で、今月半ばに初めて触った名東小五年日比野湧也君(10)は「鼻は表面が固くて、毛でざらざらしてた」と笑顔を見せた。
 園はアジアゾウの数を現在の3頭から5頭に増やし、自然に近い群れで飼育する。
ゾウ舎も出身のスリランカをイメージさせ、面積を4倍増の3400平方メートルに広げる。
園内の各所で改修を続けて園側は「25年後の入園者数は350万人が目標」と意義込んでいる。

アジアゾウにリンゴを与える小学生
110928zoo

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

自分は、東山動物園へ昨年7月から行っていなくて、植物園には昨年9月に行ったきりである。

|

« デジイチは背景がボケるから・・・ | トップページ | YouTubeのデザインが変わっていた »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。