« 星が丘門トンネル | トップページ | 工事によるコアラ舎一時閉館 »

2012年8月22日 (水)

ライオンの赤ちゃんを一般公開

東山動物園で、ライオンの赤ちゃんが生まれていたが、サイトの記事を見たら先日に公開されたようだ。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

Babylion

平成24年6月18日に東山動物園で35年ぶりに誕生したライオンの赤ちゃん(2頭)を明日8月10日から一般公開します。
みなさん、会いにきてください。

■公開予定日
平成24年8月10日(金) 9:00~ 動物園 本園 ライオン舎屋内観覧室
※当面は屋内観覧室での公開となります。
※動物の体調により公開を中止することがあります。
※照明、フラッシュ、ストロボ撮影は禁止です。

■今回公開する赤ちゃん
○生年月日 : 平成24年6月18日
○頭  数 : 2頭   
○性  別 : 不明
○出生時の体の大きさ(推定): 体長30cm程度、体重1~2kg程度
※現在では体長50cm程度、体重4~5kg程度まで成長しています。
※幼獣期は、体に暗色斑(バラ斑)があり、成長に伴い消失します。
○父  親 : サン(2001年7月15日旭川市旭山動物園生まれ、2005年5月来園)
○母  親 : ルナ(2008年7月8日富士自然動物公園生まれ、2010年11月来園)

■現在の様子
2頭とも経過は順調であり、最近では寝室内を活発に歩き回るようになりました。

【参 考】
■ライオンについて
アフリカとインド北西部に生息し、哺乳類・鳥類・爬虫類などを補食します。オスはメスより大きく、長いたてがみがあります。1~2頭のオスと数頭のメス、及びその子供からなる“プライド”と呼ばれる群れで生活しています。主に夜間に活動し、メスが狩りをした獲物を仲間と分け合って食べます。 寿命は野生下では約15年、飼育下では約24年程度です。

■東山での飼育頭数
3頭(オス1、メス2) ※今回生まれた赤ちゃんを含みません。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 星が丘門トンネル | トップページ | 工事によるコアラ舎一時閉館 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。