« アジアゾウ「アヌラ」妊娠 | トップページ | 11/17(土) 東山動物園の無料開放日 »

2012年10月17日 (水)

雄ザル(ムコドノ)、家出する

先日の中日新聞に、雄のニホンザル「ムコドノ」が脱走した話が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

Mukodono
雄のニホンザル「ムコドノ」

121016a 15日午後1時45分ごろ、名古屋市千種区の東山動物園で、園に居ついていた野生の雄のニホンザル「ムコドノ」が運動場の壁を跳び越え脱走した。
行方が分からず、園は16日早朝から捜索を再開する。
ムコドノは推定6-8歳、体長約70cmで、2010年4月、雌ばかりだった運動場へ園外から迷い込んだ。
次々と〝お見合い″し、7匹の雌から8匹の子どもが生まれた。
うち6匹が生きている。
園によると、この日は休園日で、飼育員と獣医師計10人が子どもが増えるのを抑制するため、雌にホルモン剤を投与しようと運動場へ入った。
それを見たムコドノが、高さ十mの鉄塔を駆け上り、てっぺん付近からジヤンプ。
4.8m離れた、高さ6mの壁を越えた。
東山動物園では2009年10月、野生ではない雌のニホンザルが運動場の木から跳び、4m離れた高さ4mの壁を乗り越えて逃げた。
これを教訓に壁を2mかさ上げ。
鉄塔の足場には注射針状のでっばりを敷き詰めたが、ムコドノはかまわず踏み台にした。
橋川央園長(58)が「園の外へ逃げた可能性もある。
襲ってくることもあるので、近くにいても目を合わせたり、大声を出したりしないでほしい」と呼び掛けた。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« アジアゾウ「アヌラ」妊娠 | トップページ | 11/17(土) 東山動物園の無料開放日 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。