« 左腕切断 チンパンジー「アキコ」 | トップページ | ドールシープの観覧中止について »

2013年7月24日 (水)

アジアゾウの引っ越し・ワルダーは慎重

東山動物園では、今年秋の新アジアゾウ舎オープンに向けて、アジアゾウを新アジアゾウ舎に引っ越しするトレーニングを行っているらしい(その記事)。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

現在、今年秋の新アジアゾウ舎オープンに向けて、アジアゾウを新アジアゾウ舎に引っ越しするトレーニングを行っています。
現在のアジアゾウ舎から約20m程、幅2mの移動路でつなぎ、ゾウがそこを渡って新アジアゾウ舎に引っ越しします。
開園時間中にもトレーニングを行っていますので、来園者の皆様にもその様子の一部をご覧いただけます。
※トレーニングの時間や頻度等は、天候やゾウの体調等に合わせ不定期で行っていますのでご了承ください。

Zoo130717a

Zoo130717b

引っ越しトレーニング中!

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

また、東山動物園ブログの記事によると、ワルダーは慎重らしい。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

新ゾウ舎と旧ゾウ舎の間の移動通路が完成しました。
通路は長さ約20m、幅2mで、新旧ゾウ舎側にそれぞれ扉があります。訓練開始は7月6日から開始しました。

まずコサラは2回目の訓練で旧ゾウ舎側の扉を開けたら、通路をすんなりと渡り新ゾウ舎側の扉の前まで行きました。早すぎ!扉を開けたら新ゾウ舎の運動場にも行く感じでした。

アヌラ親子は旧ゾウ舎側の扉前までは行くようになりました。どちらかと言えばさくらはもう平気で、アヌラはさくらについていく感じです。

そして問題のワルダー。通路には前足を二歩入れて止まります。担当者がもう一歩と言うと、足をあげて少し前に出すのですが、地面から1㎝ほど浮かしたまま静止。しばらくして足を元に戻します。予想通り慎重です。
Zoo130716a

訓練の様子は開園中にも一部ですが、見ることができます。

ゾウ担当者は通路に慣らすのに忙しいので、私から現在の状況をお知らせしました。
しばらくはその訓練に専念してもらうので、ブログをなかなか書けないかも知れません。でも次は係長が書いてくれると思いますよ。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 左腕切断 チンパンジー「アキコ」 | トップページ | ドールシープの観覧中止について »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。