« 夕暮れ・お散歩・ひがしやま~夏の開園延長~ (8/14-8/19) | トップページ | 夏場のカバ »

2013年8月21日 (水)

泳げない赤ちゃんアシカ

先日の中日新聞に、カリフォルニアアシカの赤ちゃんへの授乳の話が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

 アシカのこ先祖様は今から2500万年前に陸上で暮らしていたクマに似た肉食の哺乳動物。
餌を求めて水に入ったことから、水に適応した体に進化しました。
潜水能力は水深70m以上、餌の魚やイカを求めて1回の潜水で10分ほども潜り続けることができます。
 東山動物園には、9頭のカリフォルニアアシカがいます。
そのうちの3頭が今年6~7月にかけて、赤ちゃんを産みました。
水に適応したアシカですが、出産は水の中ではなく岩場の穴の中。
そして、生まれたばかりの赤ちゃんは泳げません。
 1週間ほどすると、母親が赤ちゃんを水の中に誘い、泳ぐ練習を始めます。
赤ちゃんは、溺れそうになると母親に助けてもらっていましたが、今では1人で泳げるようになりました。
 泳げるようになっても、赤ちゃんはまだ餌を捕ることができません。
野生下で餌を食べ始めるのは生まれて半年後。
飼育下では、1歳になっても餌を食べない赤ちゃんもいます。

130807zoo

 赤ちゃんの離乳は遅く、1歳になるまでお乳を飲み続けるものもいます。
お乳を飲む場所も、水の中ではなく陸の上です。
おっぱいの数は2対。
泳ぐのに邪魔にならないように体の中に埋もれていますが、乳首だけが体の外に出ています。
 普段、赤ちゃんはお母さんと穴の中で休んでいることが多く、お客さんの前にあまけ現れません。
ただ、餌の時間になると、母親に付いて穴から出てきます。
餌の時間は午前9時ごろと午後3時半の2回。
かわいい3頭の赤ちゃんを見に来てください。

小林弘志(東山動物園動物会館館長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

以下は2008年11月に撮影


Canon PowerShotS3ISで撮影

081004_066
Canon PowerShotS3ISで撮影
081004_067
動物の動画

|

« 夕暮れ・お散歩・ひがしやま~夏の開園延長~ (8/14-8/19) | トップページ | 夏場のカバ »

動物」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。