« ゾウ、引っ越し訓練中 | トップページ | 群れになった東山のゴリラ »

2013年9月22日 (日)

新アジアゾウ舎 屋内展示 9月28日オープン

先日の中日新聞に、新アジアゾウ舎がオープンする話が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

130921zoo

 9月28日にオープンする東山動物園(千種区)の新アジアゾウ舎の屋内展示が20日、報道関係者らに公開された。
スリランカのヤシの葉ぶきの建物をイメージした館内では、同園とアジアゾウとの歴史や、ゾウの体の特徴などを学べるよう工夫されている。
 建物1階は園のゾウ飼育の歴史や、ゾウの体の特徴などがテーマ。
戦争を生き抜き、全国の子どもから人気を集めた「ゾウ列車」の逸話を紹介する。
当時、ゾウが芸をするときに使った道具などが並んでいる。
 アジアゾウの特徴や能力を学べるコーナーは、実物大の耳や鼻、足の立体模型が展示され、映像と合わせて理解を深めることができる。
2階ではアジアゾウの故郷スリランカについて紹介。
室内観覧所からは運動場が一望できる。
 担当する東山総合公園再生整備課の田中大雄さん(45)は「実物を見ただけでは分からない、アジアゾウの特徴や能力を視覚的に理解できるよう工夫した。展示もぜひ楽しんで」と話している。
 9月28日は午前10時から記念式典がある。
式典参加者のうち先書500人には、スリランカ紅茶をプレゼント。
引換券を同日午前9時から配布する。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

その後に、新アジアゾウ舎「ゾージアム」の広告を見つけた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

130923zoo

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« ゾウ、引っ越し訓練中 | トップページ | 群れになった東山のゴリラ »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。