« 人間なら80歳超 コアラのクレメンツ | トップページ | 見やすくなったタヌキの里 »

2014年9月30日 (火)

豪からコアラ雌1匹仲間入りへ

先日の中日新聞に、オーストラリアからコアラの雌1匹が贈られると載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

140917zoo2

 東山動物園(千種区)に、提携先でオーストラリアのシドニー郊外にあるタロンガ動物園からコアラの雌1匹が新たに贈られることになった。
コアラの飼育が東山で始まってから、10月で30年になるのを記念した。
来園日は未定だが、名古屋市側は11月中旬までに公開したい考え。
 河村たかし市長は16日の会見で「繁殖も成功させて、種の保存につなげたい」と話した。
 贈られるのは4歳の「ティリー」。
東山には現在、雄3匹、雌1匹がおり、これで計6匹になる。
 これとは別に、市はコアラ飼育30年の記念式典を10月中旬に同園で開く。
最初のコアラ2匹を名古屋に増ったのもタロンガ動物園で、式典にはシドニーの関係者らも招く。
また、10月4日~11月16日は30年間の飼育の歩みなどを紹介する特別展も開く。
 東山には1984(昭和59)年10月25日、雄のコアラ2匹が来園し、国内で初めての飼育が始まった。
東山はこれまでに計52匹を育て、繁殖にも成功している。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 人間なら80歳超 コアラのクレメンツ | トップページ | 見やすくなったタヌキの里 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。