« ツシマヤマネコ2匹 東山動物園へ | トップページ | ダチョウ ひな誕生心待ち »

2015年1月18日 (日)

クロサイ「ニル」横浜へ

先日の中日新聞に、クロサイの「ニル」が横浜へ行くことが載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

150117zoo

 千種区の東山動物園生まれのクロサイ「ニル」(雄、18歳)が26日、横浜市旭区の「よこはま動物園ズーラシア」に転出する。
現在は輸送箱に入るトレーニング中で、25日まで室内観覧できる。
 スーラシアは、アフリカに生息する9種類の動物を集めたエリアを4月22日に全面オープンするのに向け、展示するクロサイを探していた。
東山にはニルと母親アイの2頭を飼育しているが、親子のため、繁殖できない事情などから譲渡を決めた。
 クロサイの寿命は約40年。
30歳前後まで繁殖能力があるといわれる。
ズーラシアにはドイツのベルリン動物園から雌のクロサイが来る予定で、「ニル」との繁殖が期待できる。
 クロサイは国内では昨年12月末時点で、10カ所の動物園で計21頭が飼育されている。
 クロサイはアフリカのサハラ砂漠より南の森林などで単独で暮らす。
木の葉や小枝を主食にし、草なども食べる。
休長約3m、体重約1トン。
体毛が変化してできた角が2本あり、一生伸び続ける。
角などを狙った乱獲で減っており、野生生息数は5000頭ほど。
国際自然保護連合(IUCN)レッドリストで、ごく近い将来に絶滅の危険性が高いとされている。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

角がほとんどないのが息子のニルで、角が長いままなのが母のアイらしい。
090718_111
K100Dsuper(70-300)で撮影

|

« ツシマヤマネコ2匹 東山動物園へ | トップページ | ダチョウ ひな誕生心待ち »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。