« シャバーニたちにサトウキビ | トップページ | マーチン 外遊び8日解禁 »

2015年12月17日 (木)

年賀状 ホンドザル最適

先日の中日新聞に、ホンドザルのことが載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

151216zoo

 来年は申年のため、東山動植物園に年賀状用の写真撮影に来園される方を多く見かけます。
お目当てはイケメンゴリラの「シャバーニ」。
申年のサルといえばホンドザルが定番で、過去に話題になった「ムコドノ」がいるのに、現在売り出し中のニシローランドゴリラのシャバーニにはかないません。
 ムコドノは野生の群れから追い出された若い雄ザルでした。
2009年春、豊田市方面から名古屋市内に現れ、捕獲作戦をものともせずに逃走。
知多半島で冬を過ごし、翌年春に再び名古屋市内に現れました。
仲間が恋しいのか動物園のホンドザル舎に立ち寄ると、自らホンドザル舎に飛び込んできました。
 運の良いことに、当時の動物園のサルは雌ばかり。
動物園は繁殖用に受け入れ、ムコドノと名付けました。
11年春には2匹、12年春には6匹の赤ちゃんが誕生。
ところが、この年秋の健康診断時に囲いの壁を跳び越えて脱走。
職員が南区内で捕獲して動物園に連れ戻しました。
 ムコドノはこの生きざまが話題となり、マスコミでも取り上げられた知る人ぞ知るサルです。
しかしシャバーニ人気で影が薄くなってしまいました。
 実は分類学上、ホンドザルは「霊長目オナガザル科」でサルの仲間、ゴリラは「霊長目ヒト科」で私たちと同じヒトの仲間なのです。
これから年賀状をつくる方には申年にふさわしいホンドザルをお薦めします。
 小林弘志(東山動物園動物会館館長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« シャバーニたちにサトウキビ | トップページ | マーチン 外遊び8日解禁 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。