« 「オオコンニャク」葉も巨大 | トップページ | 絶滅危惧種 有志ガイド »

2016年9月22日 (木)

サーバルキャット長寿祝う

先日の中日新聞に、サーバルキャットのことが載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

160920zoo

東山動物園、22歳のヒメカ

 敬老の日の19日、千種区の東山動物園で、サーバルキャットの雌ヒメカ(22歳)の長寿を祝う会が開かれた。
 サーバルキャットはアフリカ原産の中型のネコ科動物。
毛皮が美しく、野生では密猟で数を減らしている。
 ヒメカはスイスで生まれ、1995年に来園。五年ほど前に病気で手術したが、のんびりした性格で食欲旺盛。
20歳以上生きる個体は少なく、人間だと90歳くらいという。
 この日は祝いの花束と、ヒメカの大好物の馬肉が贈られた。
孫2人と来園した岐阜県垂井町の山河友江さん(67)は「90には見えないくらい若くてかわいい。あやかって長生きしたい」と話した。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 「オオコンニャク」葉も巨大 | トップページ | 絶滅危惧種 有志ガイド »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。