« 商標登録「俺の名が。」 | トップページ | もうすぐもみじ狩りが始まります! »

2016年10月26日 (水)

今年こそ美しい紅葉を

先日の中日新聞に、東山動植物園の紅葉のことが載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

161012zoo

 10月も中旬になり、北の方から紅葉の足音が近づいてきました。
春の桜とともに、日本の秋は紅葉を抜きには語れません。
 美しい紅葉は、その年の天候に大きく左右されます。
一般に、美しい紅葉になるには(1)晴天が絹き、十分な太陽光が葉に当たる
(2)昼と夜の寒暖の差が大きく、夜には急速な冷え込みがある
(3)樹木の水分ストレスが少ない(多雨や乾燥が続かない)
(4)葉が枯れない程度の適度な空中湿度がある
(5)大風や台風によって葉が傷つかないことなどがあります。
 昨年は6-9月の多雨と少なめの日照時間、10月の少雨による乾燥で樹木に水分ストレスがかかりました。
11月は例年より気温が高く、十分な冷えみがなかった上、台風の上陸が多く枝葉が傷ついたことなど、紅葉には不適な条件がそろってしまったようです。
 東山動植物園でも紅葉の時期がそろわず、同じ場所の同じ品種なのに、散りかけた木の横に青々した木があるなど、お客さまへの説明に冷や汗をかきました。
 さて、今年の紅葉はどうでしょうか。
恒例の「葉山植物園もみじ狩り」は11月15日(火)から12月4日(日)まで開かれます。
11月18-20、23、25-27日には「紅葉ライトアップ」も行います。
今年こそ、美しい紅葉をお見せできるよう、気まぐれな秋の天気に手を合わせる毎日です。
 平泉智子(東山植物園緑地造園係)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 商標登録「俺の名が。」 | トップページ | もうすぐもみじ狩りが始まります! »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。