« 東山動植物園開園80周年 | トップページ | ゾウの「チー」にまた会えた »

2017年3月24日 (金)

仲間たち もっと間近に

先日の中日新聞に、東山動物園が80周年を迎えることが載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

 東山動植物園(千種区)で18日開幕した開園80周年記念事業(中日新聞社など主催)は、初日から1万8343人の来園者で大にぎわい。
昨年発生した鳥インフルエンザの対策も一部で続くが、新たに改修された獣舎で動物を間近に感じ、期間限定のイベントを楽しむ家族連れであふれた。
6月4日まで。

170319zoo1

 すぐ目の前まで迫るインドサイ。
よろいのようにごつごつした皮膚が特徴だ。
かつては4m離れた場所からしか見られなかったが、改修で2.6mまで近づけるようになった。
 家族で来た港区の末次優南ちゃん(5つ)は「角があって面白い」と大喜び。
ほかにも、スマトラトラ舎は一部がガラス張りになり、ユキヒョウ舎も2階部分が増設されて真下から眺められる。

170319zoo3

 植物園には期間限定で、広さ300平方mの「木ままな迷路」が登場。
来園者は間伐材で仕切られた通路を行ったり来たりしてゴールを目指した。

170319zoo2

 鳥インフルの影響で昨年12月から閉鎖していた「バードホール」と「小鳥とリスの森」は3ヶ月半ぶりに見学可能に。
仕切りのない空間で鳥を観察できるのが売りだったが、網やガラス戸越しでの公開となった。
 バードホールで網越しにカメラを向けた昭和区の無職佐々木英之さん(73)は「予防のためには仕方ない。見られるようになってよかった」。
全面公開は国内の流行が収束してからの見込みだ。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 東山動植物園開園80周年 | トップページ | ゾウの「チー」にまた会えた »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。