« 毒も忍ばす 花木の王様 | トップページ | 石に動物の姿 質感再現 »

2017年5月23日 (火)

間近で触れ合い 人気

先日の中日新聞に、動物に間近に触れ合える記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170513zoo

 飼育員の説明を聞いて、餌やりもできる東山動植物園(千種区)の「きらきらア:マルウィーク」が人気だ。
開園80周年に合わせた平日限定のイベントで、普段は柵越しに見ている動物たちと間近で触れ合える。
過ごとに対象の動物が替わり、16日からは「アフリカゾウウィーク」がスタートする。
 「キリンの角は、実は5本あるんです。雄のトリノを見ると、2本の目立つ角の前に1つ、後ろに2つ膨らみがあるでしょ」
 「キリンウィーク」中の10日、20人の参加者は普段は入れないキリンの顔と同じ高さにある「展望デッキ」で、飼育員の渡辺敬一さん(37)の説明にうなずいた。
 餌やりはニンジン、バナナ、固形のペレットから1つを選ぶ。
「ペレットを手のひらにのせると、なめてくれますよ」と渡辺さん。
子どもが恐る恐る手のひらを差し出すと、雌のマオが舌を出してべろり。
くすぐったそうに笑う子どもの姿を、親がカメラに収めていた。
 長女の咲希ちゃん(2つ)ら家族4人で訪れた瑞穂区の会社員新納秀和さん(28)は「キリンと間近で触れ合えることがないので、貴重な体験でした」と話した。
 園によると、80周年記念の前に毎週日曜に催していた同様のイベントは、整理券を求めて開園と同時にお父さんがダッシュするほどの「プラチナチケット」。
平日に限定し、回数を増やしたことで、手に入れやすくなっている。
 今後の予定は16~19日がアフリカゾウ、23~26日がインドサイ、30日~6月2日がカバ・クロサイ。
整理券は該当の動物舎前で午前10時から配布する。
先着20人で、雨天中止。
東山動植物園=052(782)2111

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 毒も忍ばす 花木の王様 | トップページ | 石に動物の姿 質感再現 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。