« 「トラ格好いい」「キリン面白い」 | トップページ | 間近で触れ合い 人気 »

2017年5月16日 (火)

毒も忍ばす 花木の王様

先日の中日新聞に、シャクナゲの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170426zoo

 皆さんは春の花というと何を思い浮かべるでしょうか。
桜や梅、菜の花、チューリップ、たんぽぽなど、たくさんありますね。
ソメイヨシノが散り、バラの開花が待ち遠しいこの時季、4月下旬から5月頃に見頃を迎えるのがシャクナゲです。
 シャクナゲはツツジ科ツツジ属の常緑低木で、原種は、ヒマラヤ山脈から東方につながる中国の高山地帯に多く生息しています。
シャクナゲの栽培の歴史は比較的浅く、栽培に熱が入り、現在まで残っている交配種が生まれだしたのは、19世紀初頭のことです。
明治期に日本にも輸入されましたがなかなか普及せず、栽培が盛んになったのは昭和に入ってからとのことです。
 花木の王様とも呼ばれるように、その派手で大きな花は見る人の目を引き付けます。
現在では数多くの品種が作られ、日本の暑さにも強い品種が生み出されるなど、栽培が容易になりました。
 東山植物園の「しゃくなげの森」には約190品種1000株のシャクナゲが植えられており、色とりどりに咲き乱れるシャクナゲの花に、この時季は思わずうっとりしてしまいます。
ただし、シャクナゲは葉にグラヤノトキシン類の毒を含む有毒植物です。
きれいな花にはとげがあると言うように、美しく咲くシャクナゲの花にもご注意を。
 この時季の植物園はまさに花盛りです。
暖かな春の陽気を感じながら、ぜひ美しく咲くシャクナゲたちをご覧ください。
気に入った品種があれば育ててみてはいかがでしょうか。
 橋本桂佑(東山植物園緑地造園係)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 「トラ格好いい」「キリン面白い」 | トップページ | 間近で触れ合い 人気 »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。