« 石に動物の姿 質感再現 | トップページ | 巨大サボテン愛称付けてね »

2017年5月30日 (火)

ゾウ舎の前で平和実感

先日の中日新聞に、ゾウ舎の前で平和を実感したという記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170521zoo7

 太平洋戦争中に殺処分の危機をくぐり抜け、戦後の子どもたちを喜ばせた東山動植物園の2頭のアジアゾウ「マカニー」と「エルド」。
その歴史と命の大切さを考えるイベントが5月20日、ゾウ舎であり、親子14組が参加した。
 「ぞう列車に乗って全国の子どもたちが2頭を見に来ました」
 園では旧ゾウ舎を「マカニーとエルドの広場」と名付け、3月から一般公開している。
茶谷公一副園長が、当時の動物園長が「ゾウは猛獣でなく家畜」と主張して殺処分を免れ、終戦直後には国内で東山の2頭だけが残ったと説明。
一目見ようと、臨時列車「ぞう列車」に乗って全国から大勢の子どもたちが訪れたという。
 参加者は説明を聞くと、ゾウ舎で雌の「ワルダー」に餌をやった。
鼻に触れ「意外と柔らかい」という声も。
最後にぞう列車に乗って来た子どもたちと同じように、ゾウをバックに記念写真を撮った。
 千種図書館の職員によるアジアゾウに関する3冊の絵本の読み聞かせもあった。
 岐阜市から娘の夏貴さん(7つ)と参加した村瀬頼子さん(46)は「動物をゆっくり見られる平和のありがたさを感じた」と話していた。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 石に動物の姿 質感再現 | トップページ | 巨大サボテン愛称付けてね »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。