« メダカ すみにくい時代 | トップページ | サボチュウと呼んで »

2017年6月20日 (火)

レッサーパンダ 再来期待

先日の中日新聞に、レッサーパンダが再来するのに期待という記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170606zoo

 2019年度から千種区の東山動植物園にやってくるレッサーパンダ。
実は1982(昭和57)年以前に園にいた。
当時を知る飼育員木村勝さん(58)は「園でまた飼育できるんだ」と感慨深げ。
「来園者を楽しませてほしい」と願う。
 木村さんは、77(同52)年4月に飼育職員となり、最初に担当したのがヤギやヒツジなどと来園者が触れ合えるこども動物園。
その近くにレッサーパンダ舎があり、雄と雌の2頭がいた。
 当時は見習いのような立場で、親方が餌をやったり、掃除したりするのを見ていた。
主食のリンゴや生卵といった餌を準備し、おやつに園内に生えるササを毎日2・3束取りに行ったのを覚えているという。
「当時は珍しい動物だったから。将来は自分でやりたいなと憧れていた」と振り返る。
 動物の様子を確かめることも仕事だ。
時間が空いたときにはよく見に行ったという。
「明るい茶色の毛並みで目がばっちりして、かわいい顔つきだった」
 ただ、今ほどの人気はなかったという。
隣にはアニメ「あらいぐまラスカル」で人気に火が付いたアライグマが20頭いて「レッサーパンダは寝ていることも多いけど、アライグマは愛橋があるから目立っていた」とも。
 今回のレッサーパンダの導入は木村さんの退職後になる。
当時見習いだった木村さんも今では8人の飼育員をまとめる親方だ。
「意欲のある若い子に担当してほしいね。かわいさを知ってもらうのも飼育員の仕事。子どもたちを楽しませてほしい」。
2年後には、その様子を見に行くつもりだ。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« メダカ すみにくい時代 | トップページ | サボチュウと呼んで »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。