« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の記事

2017年8月25日 (金)

動物も「涼」を満喫

先日の中日新聞に、動物が涼を満喫する記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170815zoo2

 名古屋市内は14日も30度を超える真夏日になった。
こうも暑いと東山動植物園(千種区)の動物たちもぐったり。そんな中、・カナダヤマアラシは氷を抱き枕にして、オオアリクイは大好きな水浴びをして猛暑を乗り切ろうとしている。

 「ムック、ルーリー、氷だよ」。
飼育員の山岸景子さん(37)が登り木の踊り場に厚さ3cmほどの氷を置くと、木のてっぺんでぐったりしていたカナダヤマアラシの雄のムックがのっそりと木を下りてきた。
氷の上に乗ると目を細めて動かなくなった。
 ムックを見てペアの雌のルーリーも氷に寄ってきた。
ルーリーはかじるのが好み。
「シャリシャリ」と削るような音が聞こえてきた。
 山岸さんによると、名前の通りカナダや米北西部に生息しており、暑さに弱い。
6月から氷をあげており、午後1時半ごろに氷をやることが多いという。
 オオアリクイの雄サビオは水浴びが大好き。
ドイツ・ドルトムント動物園生まれで、英国から昨夏来園した。
 飼育員の武田梓さん(32)がホースの準備をするといそいそと寄ってくる。
水を掛けてやると、ごろんと寝転び、後ろ脚をがばっと広げた。
水を腹に当て、気持ちよさそうに目を細める。
ふさふさの尻尾も洗い終えると、立ち去った。
 オオアリクイは体温が32度程度と低く、寒さに弱いという。
長い尻尾を体に巻き付け、布団代わりにして寝る。
「布団の洗濯も兼ねているようです」と武田さん。
暑い日の午後、水浴びを見られる。

170815zoo1

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

マレーグマ喜ぶ登り木

先日の中日新聞に、マレーグマに登り木が寄贈された記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170809zoo

 東山動植物園のマレーグマ「マーチン」が暮らす運動場に、すてきな登り木が建てられました。
動物の飼育環境向上のために、動物園サポーターの皆さんから寄付をしていただいたものです。
脚に大きなカギ爪があり木登りが大好きなマレーグマにとっては、まさにビッグプレゼント!です。
登り木は高さが3.2mあり、クマが登りやすいように枝が何本も伸びて、上の方に台座も付いています。
 マーチンは2012年3月29日生まれのオスで、現在5歳。
東山の子だくさんクマ夫婦「マー君」と「マー子」の問に、3番目の子として生まれました。
いつも運動場内を活発に歩き回っていますが、時々後脚で立ち、前脚の片方で「壁ドン」の格好をするのが特技です。
まるで人が中に入っているのかなと錯覚を起こすほど、ユニークなポーズをします。
 世界中には7種のクマがいますが、マレーグマは東南アジアに生息する体重が60kgほどの最も小型のかわいいクマです。
野生での食べ物は果実、昆虫、ハチミツ、小動物で、20-25cmある長い舌は、昆虫や大好きなハチミツを食べる時に使います。
体は短毛で褐色ですが、顔にはクリッとした大きな目と鼻を囲んで、明るい淡白色の模様があります。
顔の皮がたるんでいることから、ちょっと困ったような表情をしているようにも見えます。
また、何といっても胸に輝く顔と同じ色の三日月状の模様がトレードマークで、クマの個体ごとに形が異なります。
 新しくできた登り木に登った姿から、マレーグマの新しい魅力を発見していただけることでしょう。
マーチンが木に登るように、飼育員の皆さんもいろいろな工夫を凝らしています。
登り木に登った愉快な「マーチン」を見て、たくさん楽しんでくださいね。
 岩滝貴子(東山公園協会職員)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »