« 華やか「冬の花火」人気 | トップページ | シンリンオオカミのジャネットが亡くなりました »

2018年2月20日 (火)

早春彩るフクジュソウ

先日の中日新聞に、フクジュソウの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180207zoo

 フクジュソウは、早春に黄金色の花を咲かせる多年草です。
一般的な開花は2月から3月ですが、例年年末には正月に咲くように促成栽培された株が店頭に並びます。
早春に開花、梅雨のころには葉を落とし、長い休眠に入る代表的な早春植物です。
ちょうど旧暦の正月の頃に花を咲かせることから正月花、元日草、歳旦章とも呼ばれています。
 フクジュソウの花は、暖かい日差しとともに開花して、夕方には寒さから身を守るため花を閉じます。
毎日開閉を繰り返しながら大きく開いていきます。
鉢植えで花を長く楽しむには、昼夜の温度差が小さく、風通しの良い場所で、柔らかな日差しのもとで咲かせます。
昼間の温度が高いと一気に花茎が伸びてしまうため、花が散るのも早くなってしまいます。
病害虫予防のためにも高温多湿にならないように注意します。
 フクジュソウは庭に構えてもよく育ちます。
植える場所は直射日光を避けて、落葉樹の下のような木漏れ日の当たる半日陰を選び、寒さで芽が傷まないように自然に落ち葉がかかる場所がよいでしょう。
あとは自然まかせで大丈夫です。
早春には開花して順調に育てば、そのまま芽数が増えて毎年花を楽しませてくれます。
 花の色は基本的に黄色ですが、最近は品種改良により白花、紅花などもあり、咲き方もー重だけでなく八重もあります。
 またフクジュソウには長寿菊、福神草、報香花など他にも数多くの別名があります。
東山植物園では也有園で見ることができます。
おめでたい名前のつくフクジュソウです。
皆さまもー度育ててみてはいかがでしょうか。
 太田幹夫(東山動植物園緑地造園係長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 華やか「冬の花火」人気 | トップページ | シンリンオオカミのジャネットが亡くなりました »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。