« 早春彩るフクジュソウ | トップページ | マレーグマの「マーネ」が転出します »

2018年3月 5日 (月)

シンリンオオカミのジャネットが亡くなりました

東山動物園のサイトに、シンリンオオカミのジャネットが亡くなりましたとあった。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

平成30年3月4日(日)にシンリンオオカミのジャネットが亡くなりました。
3月3日(土)より動作が緩慢になり投薬などの処置を行っておりました。
さらに3月4日(日)に検査を行い、子宮壁に穿孔が認められたため、緊急手術を行いましたが、残念な結果となりました。
死因は子宮穿孔を伴う腹膜炎です。

ジャネットは平成22年にジャック(オス)とソニア(メス)の間に産まれた3兄弟のうちの1頭で、新シンリンオオカミ舎に移動したときに広くなった運動場を駆け回っていた姿が印象的でした。
最近ではジャック(オス)やアオイ(メス)と共に旧シンリンオオカミ舎でのんびりと暮らしておりました。
みなさまには長い間ジャネットを可愛がっていただき、本当にありがとうございました。

なお、平成30年3月6日(火)から3月18日(日)まで旧シンリンオオカミ舎付近に献花台を設置します。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 早春彩るフクジュソウ | トップページ | マレーグマの「マーネ」が転出します »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。