« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018年6月24日 (日)

LEDライト2個購入(ヤザワの LL47BK とオーム電機の LHP-R03A7 )

Jishinhouse
6月18日に、大阪で大きな地震があり、たくさんの人が徒歩で帰宅する姿を見た。
ふと思ったのは、家には、LEDライトなどを準備しているが、日常に持ち歩くコンパクトなLEDライトがないなぁ、と。
数年前に、カーショップでもらった小さいLEDライト(単4×3本)はあるけど、最近、電池の接触が悪くて、点灯しない時もあるので、小さいLEDライトを買うことにした。
自分がライトを買う時の希望は、
1)そこそこ以上の明るさはほしい
2)連続使用時間はある程度の長さがほしい
3)防滴以上の雨に強いタイプがほしい

探すと、小さいLEDライトは、たくさんあってどれを選べばいいのかわからない(値段も安価から高額まで)。
今まで、粗品の小さいLEDライト(単4×3本)を使っていて、あまり明るくなかったので、それよりは明るくて、あまり高額でないものを選ぶことにした。

どこかのサイトで、「LEDライトは、何百ルーメン以上」とあったが、その基準は違うと思う。
LEDランタンのような広く照らす物は、200ルーメンぐらいほしいが、LEDライトは、ルーメンではなく、1m先のルクス(lx)が重要だと思う。

数年前にホームセンターで1000円以下で買って、家で使用中の オーム電機 OHM LHP-R03A7 [LEDプロテクションライト] (LHP-R03A7紹介サイト) は、30ルーメンだけど、1m先が380ルクスで、結構明るい。

ということで選んだのは、27ルーメンで、1m先が250ルクスだった、ヤザワ Yazawa LL47BK [LEDストレッチライト 6灯]。

180623_10s 180623_07b
ヤザワ Yazawa LL47BK [LEDストレッチライト 6灯] (LL47BK紹介サイト
上記の紹介サイトのリンク先のオンラインでのLL47BKサイトの方が詳しい情報がある。
ヨドバシカメラで、796円

特徴
●ヘッド部を固定できる専用バルブを搭載しました。
●ハンディライトとしてもランタンとしても使用可能な伸縮ヘッドを採用しました。
●ストラップ付

仕様
●本体色:ブラック
●光源:超高輝度白色LED×6灯(交換不可)
●使用電池:単4形乾電池×3本 (別売)
●電池寿命:連続約30時間(アルカリ乾電池使用時)
●照度:約250lx(距離1m時・中心点照度・電池初期時)
●防水性能:防雨型(IP-X3相当)
●本体サイズ(mm):φ38×132
●本体重量(g):72
●付属品:ストラップ
●パッケージ形態:スライドブリスター
●パッケージサイズ(mm):W90×H192×D42
●パッケージ重量(パッケージ+本体)(g):92

ストレッチライトとは、説明画像にあるように、ヘッド部が伸縮するので、ランタンとしても使用可能。
購入した製品を実際に、ランタンとして点灯してみると、説明画像にあるように、ランタン時は約10ルーメンなので、明るさは期待しない方がいいと思う(ライト時は27ルーメン)。
ランタン時には、ほのかな明かりが水平方向にも広がる、便利な小さなLEDライトだと思う。

大きくないから普段かばんに常備できて、単4電池×3本でも、1m先が250ルクスで、連続使用時間30時間で、簡易ランタンにもなり、1000円以下で買えたから、よかったと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------

また、数年前にホームセンターで買って、値段の割りに明るくて、連続使用時間が長くて安心して使えて、使い勝手がいいLEDライトも、もう1つ買うことにした。
180623_11s オーム電機 OHM LHP-R03A7 [LEDプロテクションライト] (LHP-R03A7紹介サイト
ヨドバシカメラで、526円

特徴
●衝撃に強く、LED3灯使用で明るいLEDライトです。
● 持ち手部分は握りやすい形状で、滑りくいです。
● 素材には、衝撃に強いウレタンパーツを使用しています。
● IPX4の防飛まつ形で、雨の日でも安心して使えます。
● アルカリ乾電池3本付属で、すぐに使えます。

仕様
■ 使用電池:単3形乾電池3本(テスト用乾電池付属)
■ 光源:白色LED×3個(LED交換不可)
■ ルーメン値:約30ルーメン
■ 照度:10cm…約17000ルクス
     50cm…約1800ルクス
     100cm…約380ルクス
■ 連続使用時間:約45時間
     (新品未使用のアルカリ乾電池使用時、電池の性能や使用状況により異なります)
■ 外形寸法:(約)最大径62×長さ165mm
■ 質量:約118g(電池別)

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

恐妻家の紋次郎

先日の中日新聞に、オグロプレーリードッグの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180604zoo

 ようじをくわえたニヒルな表情。
妻折笠に道中がっばを着せたら、あの木枯し紋次郎みたい!?
 東山では夫婦と今春生まれた子供の家族3匹が暮らす。
一生懸命干し草を食べるのは、おっとりした性格の夫。
つがいの雌、つまり妻とはけんかしたことがない。
それどころか好物のペレットも譲る。
飼育員いわく「尻に敷かれている」。
 何を言われようと、そんなのどこ吹く風で今日もむしゃむしゃ。
「あっしには関わりのないことでござんす」

 オグロプレーリードッグ
 ネズミ目リス科。
北米の草原地帯(プレーリー)に穴を掘ってすむ。
野生では、小高い見張り台を作り、天敵を警戒する習性がある。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

いたずらが楽しくて

先日の中日新聞に、ニシゴリラの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180528zoo

 麻布に身を包み、何を思っているのだろう。
その姿からは、フェルメールの絵画のような静けさが漂う。
 でも、それはほんの一瞬。
この麻布、もともとは寝床に敷く麻袋。
びりびれと破いたり」頭にかぶって遊んだり。
5歳でやんちゃ盛りの雄キヨマサにとっては格好の遊び道具だ。
 キヨマサは仲間にちょっかいを出すのが大好き。
10歳離れた姉アイの背中に無理やり乗っかったり、鉄のえさ籠を天井にぶつけては大きな音でみんなを驚かせたり。
時にはリーダーのシャバーニに怒られながら、わんばくに育っている。

ニシゴリラ
霊長目ショウジョウ科ゴリラ属。
生息地はアフリカの熱帯雨林で絶滅危倶種。
雄は群れのリーダーになると、背中の毛が銀白色(シルバーバック)になる。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

2頭のカピバラ

東山動物園でカピバラを見た。
180429_113
K-50(70-300)で撮影
180421_173

180421_172
K-50(70-300)で撮影
180429_149

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »