« 美しさこそ雄の本能 | トップページ | 強力なくちばし 自信あり »

2018年8月20日 (月)

酷暑 故郷の海は?

先日の中日新聞に、ホッキョクグマの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180730zoo

 酷暑の中、ざっぶーんとプールで水浴びするのは、28歳の雄サスカッチ。
見ている方も涼しくなる。
 生後間もなくカナダで保護されて東山にやってきた。
だから、人生の大半は東山で過ごしている。
雄の中では国内最高齢。
この暑さで、さすがに日陰で寝そべっていることが多いが、食欲は衰えず元気だ。
 故郷の北極圏の海氷は、気候変動で急速に減少している。
「このままでいいの?」。
暑そうに寝そべるサスカッチの姿はそう問い掛けているようだ。

ホッキョクグマ
食肉目クマ科
生息地は北極海沿岸。
体調1.8~2.8m。
雄の体重は300~650kg。
単独で生活し、主に氷の中の巣穴にいるワモンアザラシを狩って暮らす。
絶滅危倶種。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 美しさこそ雄の本能 | トップページ | 強力なくちばし 自信あり »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。