« 哲学者の見せた素顔 | トップページ | 虎視眈々 獲物狙う »

2018年9月13日 (木)

恋の悩み?針も無力

先日の中日新聞に、カナダヤマアラシの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

180827zoo

 見た目はずんぐり、動きはのっそりの雄のムック。
来園者からナマケモノ?とよく間違われる。
でも危険を感じると、隠れた3万本の針を逆立てて「俺に触るんじゃねえ」と、身を守るトゲトゲした一面もある。
 ムックの悩みは、一緒に暮らす雌ルーリー。
11歳の同い年で、片思いしている。
たまに近寄ってみるけど、見せてくれるのはいつも威嚇の表情・・・。
 「針だけじゃなく、ルーリーの心に刺さる魅力もあればなあ」。
両腕をだらんと垂らす姿からは、そんな苦悩の声が聞こえそうだ。

 カナダヤマアラシ
齧歯(げっし)目アメリカヤマアラシ科。
北米の森林に広く生息する。
木の皮や実を食べる。
針の先には釣り針のような「かえし」があり、刺さると容易に抜けない。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 哲学者の見せた素顔 | トップページ | 虎視眈々 獲物狙う »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。