カテゴリー「動物」の記事

2017年8月10日 (木)

マレーグマ喜ぶ登り木

先日の中日新聞に、マレーグマに登り木が寄贈された記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170809zoo

 東山動植物園のマレーグマ「マーチン」が暮らす運動場に、すてきな登り木が建てられました。
動物の飼育環境向上のために、動物園サポーターの皆さんから寄付をしていただいたものです。
脚に大きなカギ爪があり木登りが大好きなマレーグマにとっては、まさにビッグプレゼント!です。
登り木は高さが3.2mあり、クマが登りやすいように枝が何本も伸びて、上の方に台座も付いています。
 マーチンは2012年3月29日生まれのオスで、現在5歳。
東山の子だくさんクマ夫婦「マー君」と「マー子」の問に、3番目の子として生まれました。
いつも運動場内を活発に歩き回っていますが、時々後脚で立ち、前脚の片方で「壁ドン」の格好をするのが特技です。
まるで人が中に入っているのかなと錯覚を起こすほど、ユニークなポーズをします。
 世界中には7種のクマがいますが、マレーグマは東南アジアに生息する体重が60kgほどの最も小型のかわいいクマです。
野生での食べ物は果実、昆虫、ハチミツ、小動物で、20-25cmある長い舌は、昆虫や大好きなハチミツを食べる時に使います。
体は短毛で褐色ですが、顔にはクリッとした大きな目と鼻を囲んで、明るい淡白色の模様があります。
顔の皮がたるんでいることから、ちょっと困ったような表情をしているようにも見えます。
また、何といっても胸に輝く顔と同じ色の三日月状の模様がトレードマークで、クマの個体ごとに形が異なります。
 新しくできた登り木に登った姿から、マレーグマの新しい魅力を発見していただけることでしょう。
マーチンが木に登るように、飼育員の皆さんもいろいろな工夫を凝らしています。
登り木に登った愉快な「マーチン」を見て、たくさん楽しんでくださいね。
 岩滝貴子(東山公園協会職員)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

赤ちゃん泳ぎ 今が見頃

先日の中日新聞に、アメリカビーバーとカリフォルニアアシカの赤ちゃんの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170717zoo

 千種区の東山動植物園で春から夏に生まれた動物の赤ちゃんたちが、プールで元気な姿を見せ、来園者を楽しませている。
5月6日に生まれたアメリカビーバーはガラス越しに愛橋を振りまき、7月3日に生まれたカリフォルニアアシカは泳ぎの練習にチャレンジしている。

 獣舎のプールをスイスイと泳ぎ回り、カメラを向ければ「撮って、撮って」とでも言うように近づいてくる。
生後2ヶ月のアメリカビーバーは、好奇心旺盛だ。
 飼育員の山岸景子さん(37)によれば、アメリカビーバーは野生だと生後2年間は両親と暮らす。
同園でも、伸の良い雄のテリーと雌のチェリー夫婦に、昨年6月に生まれた2頭と今年生まれた末っ子が一緒にいる。
 冬は巣にこもり、開園時間中はなかなか行勤している姿が見えづらいが、この時期は午後1-3時ごろに泳ぎ姿が見られることが多いという。
山岸さんは「これから活動時間が早くなりそうで、観察するには良い季節」と話す。
一方、必死に前脚をばたつかせ、立ち泳ぎで頑張っているのがカリフォルニアアシカの赤ちゃんだ。
 水中の達人といえど、満足に泳げるようになるには3週間ほどかかるという。
活発な性格で11日ごろから練習を始めたが、水に入るたび母ルルが心配して陸に連れ戻したり、周囲のアシカが面白そうに近づいたりしている。
 飼育員の山部桂子さん(35)は「期間限定の、ぎこちないけどかわいらしい姿を見に来て」と来園を呼び掛けた。
アシカのプールでは他に6月8日と16日生まれの赤ちゃんも見られる。
いずれも雄雌が分かり次第、名前を付けるという。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

サボチュウと呼んで

先日の中日新聞に、サボテンにサボチュウと命名したという記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170703zoo

 東山動植物園(千種区)の開園80周年を記念して購入し、愛称を募集していた巨大サボテン「ペンケイチエウ」の命名式が2日、同園であった。
「チュウしたくなるサボテン」との意味を込めて、愛臆たっぷりの「サボチュウ」に決まった。
 命名者は西区上名古屋一の会社員杉浦秀次(37)。娘の凪さん(6つ)と一緒に考えたという。
5月23日から6月18日まで募集し、586件の応募があった。
 式では原誠総合公園長が「末永く愛される名前を付けてもらった」と感謝。
認定証と、ベンケイチュウの鉢植え、同園の年間パスポートなどを贈った。
 ペンケイチュウは米アリゾナ州とメキシコのソノラ砂漠が原産の西部劇でもおなじみのサボテン。
高さ15m、直径65cmにもなり、100年以上生きるという。
植物園のサガロ温室で見られる

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

レッサーパンダ 再来期待

先日の中日新聞に、レッサーパンダが再来するのに期待という記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170606zoo

 2019年度から千種区の東山動植物園にやってくるレッサーパンダ。
実は1982(昭和57)年以前に園にいた。
当時を知る飼育員木村勝さん(58)は「園でまた飼育できるんだ」と感慨深げ。
「来園者を楽しませてほしい」と願う。
 木村さんは、77(同52)年4月に飼育職員となり、最初に担当したのがヤギやヒツジなどと来園者が触れ合えるこども動物園。
その近くにレッサーパンダ舎があり、雄と雌の2頭がいた。
 当時は見習いのような立場で、親方が餌をやったり、掃除したりするのを見ていた。
主食のリンゴや生卵といった餌を準備し、おやつに園内に生えるササを毎日2・3束取りに行ったのを覚えているという。
「当時は珍しい動物だったから。将来は自分でやりたいなと憧れていた」と振り返る。
 動物の様子を確かめることも仕事だ。
時間が空いたときにはよく見に行ったという。
「明るい茶色の毛並みで目がばっちりして、かわいい顔つきだった」
 ただ、今ほどの人気はなかったという。
隣にはアニメ「あらいぐまラスカル」で人気に火が付いたアライグマが20頭いて「レッサーパンダは寝ていることも多いけど、アライグマは愛橋があるから目立っていた」とも。
 今回のレッサーパンダの導入は木村さんの退職後になる。
当時見習いだった木村さんも今では8人の飼育員をまとめる親方だ。
「意欲のある若い子に担当してほしいね。かわいさを知ってもらうのも飼育員の仕事。子どもたちを楽しませてほしい」。
2年後には、その様子を見に行くつもりだ。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

メダカ すみにくい時代

先日の中日新聞に、メダカがすみにくい時代という記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170524zoo

 メダカは、日本各地で3000を超える呼び名の方言があり、日本人に古くから親しまれてきた魚です。
童謡「めだかの学校」に歌われるほど、身近にいました。
それが今では、環境省のレッドリストで絶滅危惧主種となっていて、池や小川では簡単には見られなくなってしまいました。
 メダカの仲間は、アジアに生息しています。
田んぼと周辺水路に生息し、稲作の拡大とともに分布を広げました。
ところが、近年の日本では水田の減少、コンクリート水路の増加に伴う産卵場所である水草の減少、農薬使用やブラックバスなどの外来種による食害など、環境悪化によって減少しました。
メダカには、すみにくい世の中になってしまったのです。
 名古屋市内では、以前は調査した場所の約20%でしか生息が確認できませんでしたが、今はほぼ全区で確認されています。
しかし、産地不明の個体が池などに放されるなどしており、昔から名古屋にいたメダカはもういないと考えられています。
 東山動物園では、名古屋大学の先生が、平和公園にあった池で約80年前に捕獲して系統保存していたメダカを、「世界のメダカ館」ができたときに譲っていただきました。
今も繁殖保存しています。
これは生粋の名古屋産のメダカといえます。
東山動物園では勝手に「名古屋メダカ」と呼んでいます。
 2012年には今まで1種とされていたメダカが、2種であるという論文が出ました。
日本列島の広い地域に分布しているのがミナミメダカ、東北から北陸にかけての日本海側に生息するのがキタノメダカです。
これに従うと、名古屋メダカはミナミメダカになります。
世界のメダカ館では最近キタノメダカも展示しました。
メダカは依然1種という研究者もいますので、一度、両方を見比べていただくのも面白いかと思います。
 橋川央(東山公園協会動物会館長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

本来の生態 動物も「幸せ」

先日の中日新聞に、東山の展示方法が様変わりしてるという記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170522zoo1

 開園80周年を迎えた東山動植物園(名古屋市千種区)が、動物の見せ方を変えている。
手狭な施設に入れて見せるのではなく、本来の生息環境に近い状態を再現し、その中で動物を見せる「生態的展示」に力点を置くようになった。
飼育される動物の「幸せ」も追求する取り組みだ。
一方、開園当初に造られた展示施設を、貴重な遺産としてどう利用していくかという課題もある。

自然に近く
アジアゾウの飼育施設「ゾージアム」。
4月末、15年ぶりに来園した千種区の主婦(63)は、ゾウを眺めながら「風景が様変わりした」と驚いた。
 「昔の施設は狭くて、ゾウが『入れられている』という感じ。
今は、自然の中でのびのびと動いていて見応えがある」
 2013年9月にオープンしたゾージアムは、新たに「生態的展示」を採り入れた施設だ。
国内最大級の3350m2の広さを誇り、ゾウが体をこすり付ける柱や泥遊び場、川に似せたプールを備え、より自然に近い環境を整えた。
黒辺雅実動物園長は「動物が安心して暮らすことができ、繁殖の成功にもつなげやすくなる」と強調する。

欧米に追随
 生息する環境を再現し、本来の生態や動きを見せる「生態的展示」は既に欧米で主流だ。
東山をはじめ国内では長らく動物自体を見せることを重視するあまり、手狭な施設が課題だった。
 日本動物園水族館協会(JAZA)によると、近年は従来型の施設を見直す動きが広がり、よこはま動物園ズーラシア(横浜市)や天王寺動物園(大阪市)などでも生態や環境ごと見せる展示を採用する。
国内外の動物園に詳しい協会の成島悦雄専務理事は「動物の福祉を重視する考え方は世界、日本の主流になっている」と話す。
 東山は開園100周年の36年度までに、老朽化が進んだ施設を造り直し、生態的展示への移行を進める。
併せて動物の分類ごとだった施設配置も見直し、生息地ごととにする。
既にゾージアムのある「アジアゾーン」のほか14年春に「北アメリカエリア」が完成した。
現在はイケメンゴリラ「シャバーニ」などの新居「アフリカゾーン」の建設が進み、園内は新たな姿へ生まれ変わりつつある。

170522zoo2

遺産の行方
 変化の過程で、歴史ある施設の取り扱いも課題だ。
例えば80年前からあるライオン舎は、堀を造ることで柵をなくした国内初の「無柵放養式」の猛獣舎。
日本の動物園史に名を刻む施設だが、再整備の計画でライオンは「アフリカゾーン」へ引っ越すことが決まり、いずれライオン舎から主はいなくなる。
 東山は歴史を象徴する施設として保存する方針だが、どう使うかば決まっていない。
黒辺園長は「ライオン舎を生かしたカフェやミュージアムなど、いろんなアイデアが考えられる」と語る。
その上で「歴史を紹介することも園の大切な役割。思い出を伝えられる場所にしたい」と話している。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

巨大サボテン愛称付けてね

先日の中日新聞に、巨大サボテンに愛称をつけてほしいという記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170528zoo

 東山動植物園(千種区)は5月18日に公開した巨大なサボテン「ベンケイチュウ(学名カルネギエア・ギガンテア)」の愛称を募集している。
6月18日まで。

 べケイチュウが植えられた植物園のサガロ温室と、植物会館に備え付けた用紙に愛称を書き込み、応募箱に入れる。
7月2日に命名式を行い、命名者には鉢植えべンケイチュウや同園の年間パスポートなど記念品を贈る。
 西部劇でもおなじみのべンケイチュウは高さ15m、直径65cmにもなる最大級のサボテンで、米アリゾナ州とメキシコのソノラ砂漠が原産。
同園のベンケイチュウは高さ5.4m、直径40cm。
樹齢30年で、やや太めなのが特徴という。
1987(昭和62)年に日米友好の証しとして、アリゾナ州から同園に5本が贈られたが、今年に入り、最後の1本が枯れた。
開園80周年の目玉として、園が長野市の農家から1本を購入した。

 植物への愛称の募集は、同園では初めてという。
指導園芸係長の大橋淳子さんは「愛称を付けてかわいがってほしい。自由な発想で応募して」と話している。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年5月30日 (火)

ゾウ舎の前で平和実感

先日の中日新聞に、ゾウ舎の前で平和を実感したという記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170521zoo7

 太平洋戦争中に殺処分の危機をくぐり抜け、戦後の子どもたちを喜ばせた東山動植物園の2頭のアジアゾウ「マカニー」と「エルド」。
その歴史と命の大切さを考えるイベントが5月20日、ゾウ舎であり、親子14組が参加した。
 「ぞう列車に乗って全国の子どもたちが2頭を見に来ました」
 園では旧ゾウ舎を「マカニーとエルドの広場」と名付け、3月から一般公開している。
茶谷公一副園長が、当時の動物園長が「ゾウは猛獣でなく家畜」と主張して殺処分を免れ、終戦直後には国内で東山の2頭だけが残ったと説明。
一目見ようと、臨時列車「ぞう列車」に乗って全国から大勢の子どもたちが訪れたという。
 参加者は説明を聞くと、ゾウ舎で雌の「ワルダー」に餌をやった。
鼻に触れ「意外と柔らかい」という声も。
最後にぞう列車に乗って来た子どもたちと同じように、ゾウをバックに記念写真を撮った。
 千種図書館の職員によるアジアゾウに関する3冊の絵本の読み聞かせもあった。
 岐阜市から娘の夏貴さん(7つ)と参加した村瀬頼子さん(46)は「動物をゆっくり見られる平和のありがたさを感じた」と話していた。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

石に動物の姿 質感再現

先日の中日新聞に、動物園の元職員が石の作品展を行なう記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

d170521zoo1

170521zoo2 千種区の東山動植物園で20日、元飼育員の湯川滋さん(78)が石にアクリル絵の具で動物の姿を描いた作品展「動物になった石ころ」が始まった。
飼育員ならではの観察眼で、皮膚や毛の質感を忠実に再現している。
 頭部の膨らんだラインが実物そっくりのオオトカゲに、水にぬれた張りのある毛の質感まで伝わるホッキョクグマ。
石にへばりついたアマガエルは今にもジャンプしそうだ。
会場の動物会館には鳥や爬虫類、哺乳類など300種類、300点が並ぶ。
 湯川さんは1957(昭和32)年に同園の臨時飼育員、60年に正職員になった。
以降、類人猿とゾウ以外の生き物を担当したという。
作品は河原で動物に見えそうな石を拾って、描く。
二十数年前に趣味で手掛けるようになり、99年に定年退職してからは本格的に取り組む。
 飼育第2係長の内藤仁美さんは「質感や色合い、しぐさは飼育員ならではの表現力。豊富な知識に裏打ちされた想像力があるから、石を見てさまざまな動物の姿が浮かぶのでしょう」と舌を巻く。
 湯川さんは「細かな肌や毛の質感まで堪能してもらえれば」と来場を呼び掛けている。
28日まで。22日は休園。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

間近で触れ合い 人気

先日の中日新聞に、動物に間近に触れ合える記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170513zoo

 飼育員の説明を聞いて、餌やりもできる東山動植物園(千種区)の「きらきらア:マルウィーク」が人気だ。
開園80周年に合わせた平日限定のイベントで、普段は柵越しに見ている動物たちと間近で触れ合える。
過ごとに対象の動物が替わり、16日からは「アフリカゾウウィーク」がスタートする。
 「キリンの角は、実は5本あるんです。雄のトリノを見ると、2本の目立つ角の前に1つ、後ろに2つ膨らみがあるでしょ」
 「キリンウィーク」中の10日、20人の参加者は普段は入れないキリンの顔と同じ高さにある「展望デッキ」で、飼育員の渡辺敬一さん(37)の説明にうなずいた。
 餌やりはニンジン、バナナ、固形のペレットから1つを選ぶ。
「ペレットを手のひらにのせると、なめてくれますよ」と渡辺さん。
子どもが恐る恐る手のひらを差し出すと、雌のマオが舌を出してべろり。
くすぐったそうに笑う子どもの姿を、親がカメラに収めていた。
 長女の咲希ちゃん(2つ)ら家族4人で訪れた瑞穂区の会社員新納秀和さん(28)は「キリンと間近で触れ合えることがないので、貴重な体験でした」と話した。
 園によると、80周年記念の前に毎週日曜に催していた同様のイベントは、整理券を求めて開園と同時にお父さんがダッシュするほどの「プラチナチケット」。
平日に限定し、回数を増やしたことで、手に入れやすくなっている。
 今後の予定は16~19日がアフリカゾウ、23~26日がインドサイ、30日~6月2日がカバ・クロサイ。
整理券は該当の動物舎前で午前10時から配布する。
先着20人で、雨天中止。
東山動植物園=052(782)2111

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

写真 | 動物 | 動画 | 携帯・デジカメ | 野鳥