カテゴリー「動物」の記事

2017年11月30日 (木)

母親気遣い 群れで子育て

先日の中日新聞に、チンパンジーの双子の赤ちゃんの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

171108zoo1

171108zoo2  東山動植物園(千種区)は7日、10月21日に生まれた双子のチンパンジーを一般に初公開した。
群れのチンパンジーは30歳の母カズミに優しく接しており、飼育員は「子育て中の母親がリスペクトされているようだ」と目を細めて見守っている。
 公開初日は母カズミが2頭を片腕でしっかりと抱き、チンパンジー舎の屋外運動場に現れた。
木登り用の塔にゆっくり上ると、踊り場でおなかに2頭を乗せて、気持ちよさそうに日なたぼっこする姿を見せた。
 飼育員の近藤裕治さん(45)は「他のチンパンジーも双子の赤ちゃんに興味津々な様子」と解説する。
母親の機嫌を損ねないようカズミの毛づくろいした後に、赤ちゃんに優しく触れていくという。
やんちゃ盛りの6歳の雄リキもカズミの前でおもちゃの麻袋を操り回してしかられた後は、毛づくろいするなど接し方を覚えたようだ。
栄養価の高い固形の餌をカズミが多く拾うのも黙認するといいl「カズミを気遣っているようだ。
群れで子どもを守ろうとしている」と説明する。
 東山のチンパンジーは2009年から複数頭の雄も同居し、自然に近い群れで暮らす。
それまではやんちゃな若い雄が雌を傷つけることを恐れ、若い雄を別居させていた。
近藤さんは「みんなで双子を育てることにより、母親の負担軽減になる。群れの良さを発揮できる」と期待する。
 生まれた時に分からなかった双子の性別はいずれも雌と判明した。
カズミのストレス軽減のためにこれまで非公開にしていたが、順調に育っているため公開した。
双子の出産は国内9例目。
名前は今後決める。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

仲良し、ヤブイヌ姉妹

先日の中日新聞に、ヤブイヌの姉妹の記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

171025zoo

 北園アメリカゾーンには、世界のメダカ館の隣にヤプイヌ舎があり、2匹のヤプイヌ姉妹が暮らしています。
2014年11月5日生まれで今月に3歳になります。
少し体が大きい方が「あんこ」、スリムな方が「きなこ」です。
 「キューー・キュー!」 「キュー!キュー!」と鳴き交わしながら、2匹が1列になって走る姿はとてもかわいらしく、きっとその魅力に引き付けられることと思います。
運動場では穴を掘ったりトンネルに入ったり引き返したり、プールに入って泳いだりと、起きている間はじっとしていることがありません。
 ヤプイヌは中南米に生息する最も原始的なイヌ科動物で、別名ブッシュドッグとも呼ばれ、野生では家族を中心とした10~12匹くらいの群れで暮らしています。
体毛は短くて色は茶褐色、尾と四脚は黒色をしています。
体長は60-75cm程度、体重は5-7kg、胴長短足で穴掘りに適した体形をし、指には水かきがあり泳ぎが得意です。
げっ歯類や鳥類を食べますが好物はアルマジロだそうです。
 仲良し姉妹は寝る時も遊ぶ時も一緒。
運動場にはブイやドラム缶など、遊び道具が置いてあります。
小型のヤプイヌにとっては体より大きいブイで遊ぶ時は、両側にある突起を2匹が口でくわえて動かします。
ブイをゴロンゴロンとあちこちに動かし、2匹の息がとても合っていることがわかります。
 また、メスのヤプイヌだけにあるとってもユニークな習性があります。
それは「逆立ちオシッコ」です。
オスは普通に片足をあげてしますが、メスは木に背中を向けて突然逆立ちをしてオシッコをひっかけます。
縄張りを示すために、少しでも高い所にマーキングをするためと言われています。
 ヤプイヌが木に向かった時は、逆立ちオシッコが見られる絶好のチャンスかもしれませんので、タイミングを逃さず見てくださいね。
仲良しヤプイヌ姉妹、あんこときなこの魅力をたっぷり堪能してください。
 岩滝貴子(東山公園協会職員)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

魔よけの力 鮮やかな赤

先日の中日新聞に、ポインセチアの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

171101zoo

 今年も残すところあと2ヶ月となり、年の瀬が迫ってきました。
この季節の街のいたるところに飾られ風物詩ともいえる植物が、クリスマスフラワーとも呼ばれる「ポインセチア」です。
 鮮やかな赤(苞葉)と緑のクリスマスカラーが、花の少ない時期にお祝いをするかのように彩りを添えます。
さらに赤に魔よけの力があるともいわれ、この季節の装飾用として広く栽培されるようになりました。
 原産地はメキシコで、人の背丈以上にもなることがある常緑低木です。
名前の由来はアメリカの初代メキシコ大使のジョエル・ロバーツ・ボインセットが1825年に発見し、アメリカに紹介、普及したことにちなんでいます。
 現地では、赤い苞葉を古くから神聖視しており、西洋のキリスト教が伝来する前から、メキシコインディオが純潔の象徴として、赤紫色の染料をとっていたといわれています。
また、枝や葉を折ったりすると、白色の乳液が浸出してきますが、この仲間(ユーホルピア属)の植物に見られ、西洋では「オオカミの乳」と言って有毒で取り扱いに注意していました。
 最近では、赤に色づくもののほか、桃色、乳白色、白色、斑入りなど品種改良が進んでいます。
植物園では、名古屋市とメキシコ市との友好姉妹都市締結40周年を記念して、メキシコを含む中南米の変化に富む現地の多様な植物の紹介を行っています。
また、緑の中の彫刻展ではポインセチアなどの植物も展示します。
皆さまのご来園をお待ちしています。
 藤井辰則(東山植物園・園長)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

チンバンジー 双子ちゃん、東山、国内9例目の誕生

先日の中日新聞に、チンバンジーの双子ちゃんの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

171022zoo

 東山動植物園(名古屋市千種区)で21日、チンパンジーの雌カズミが双子を出産した。
双子誕生は国内9例目。
育児へのストレスを避けるため、園は当面、飼育している類人猿舎を観覧中止にする。
園によると、双子の体重はともに推定1500gで、性別不明。
カズミのおなかにしがみつき、元気に動き回っている。
 ただ双子が順調に育つのは難しいとされ、自然保育が成功すれば2009年の「高知県立のいち動物公園」以来、国内2例目になるという。
 双子誕生で東山のチンパンジーは計9頭に。
非公開により全頭が当面見られなくなるほか、「シャバーニ」で知られるニシローランドゴリラやオランウータンも運動場に出ている時を除き、観覧できない。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

カワウソゥ選挙の結果報告

東山動物園のブログに、カワウソゥ選挙の結果報告とあった。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

詳しくは、カワウソゥ選挙の結果報告の記事を見てください。

170927zoo

東山動物園のココ&ヒナタ(2頭で1枠でエントリー)の順位は、36園館で飼育されている84頭のカワウソがエントリーしていた中での9位だったそうです。

170930zoo

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

東山動植物園 秋まつり (10/7-11-19)

171007zoo1

171007zoo2

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

ミラクルガールズ!(コツメカワウソ)

東山動物園のブログに、コツメカワウソのミラクルガールズ!とあった。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

詳しくは、ミラクルガールズ!の記事を見てください。

みなさま、ご存知でしょうか? コツメカワウソの「ココ&ヒナタ」です。

昨今、全国的にカワウソ人気がじわじわきていた(※個人の感想です)のですが、ついに去る8月末日より人気を競う「カワウソゥ(総)選挙」なるものまで始まり、日本のカワウソ業界を大いにざわつかせています。

もともとポテンシャルの高い動物ではありますが(※個人の感想です)、ついに総選挙が開催されるまでになりましたか!感無量です!

170927zoo

このビッグウェーブ、のるっきゃない・・・ということで、この総選挙に当園の「ココ」と「ヒナタ」が仲良くエントリーすることになりました。

コツメカワウソの魅力はちょっと間の抜けた愛嬌のある顔や、屈託のない仕草、キューキューと愛らしい鳴き声、そして名前の由来にもなっている可愛い指先などなど、語りだしたらきりがなく、とても一言にはまとめられません。(すごい早口) だってなんだか、だって、だってなんです!

これは、もう、あざとさすら感じます。恐ろしい子・・・!(白目)

そして、うちの「ココ&ヒナタ」コンビの一番のウリはとにかく仲良しであること。
いつも一緒でニコイチ。
仲良しゲージが滾るとあつーいハグが見られたりしますよ。

170930zoo

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

清楚な姿、実は帰化植物

先日の中日新聞に、シュウメイギクの記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170913zoo シュウメイギクは、本州、四国、九州に広く見られる宿根草で、9月から10月の秋たけなわの頃、紅紫色や白色の花弁のようながくを咲かせます。
草丈が50~80cm程度で、風に揺れる姿が印象的で、清楚な美しさが魅力の植物です。
和風の庭に似合い、茶花にも用いられたりしますが、洋風庭園の雰囲気にも合います。
 山裾などに野生状態で生育していますが、古く中国から渡来したものと考えられており、実は帰化植物にあたります。
一説によると、中国に渡航した修行僧が持ち帰ったシュウメイギクが美しく、日本にはない「黄泉の国」の秋咲きの菊の意味で「秋冥菊」と名付け、後に「明」の文字に変わったのではないかといわれています。
 和名は「秋明菊」と書き、菊に似た花を咲かせることから由来していますが、菊の仲間(キク科)ではなく、アネモネの仲間(キンポウゲ科)の多年草植物なのです。
 日本の気候に合い育てやすく、京都市北部の貴船神社の周辺に多く野生化したものが見られることから「貴船菊」の別名もあります。
 育てやすく丈夫な植物ですので、秋に苗を購入して半日陰に構えてみてはいかがでしょうか。
東山植物園では、宿根草園で見ることができます。
暑い夏が終わり秋に入ると、宿根草園の見頃の植物も増えてきます。
ぜひお越しください。
 野村幸央(東山植物園指導園芸係)

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

ケイジ君の鳴き方のフシギ

東山動物園のブログに、フクロテナガザルのケイジ君の鳴き方のフシギとあった。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

詳しくは、ケイジ君の鳴き方のフシギの記事を見てください。

いつ鳴くの?
野生では決まった時間に鳴くことが多いといわれていますが、ケイジ君とマツさんには、「この時間」というのはないです。(;´・ω・) ただ、午前中の方が確率は高いです。

何回ぐらい鳴く?
1日だいたい2回~3回ぐらい。でもお客さんが多いと、もう1回鳴くこともあります。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

2009年5月に撮影
090506_055
Canon PowerShotS3ISで撮影

2007年5月に撮影
070512_223
Canon PowerShotS3ISで撮影

動物の動画

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

動物も「涼」を満喫

先日の中日新聞に、動物が涼を満喫する記事が載っていた。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

170815zoo2

 名古屋市内は14日も30度を超える真夏日になった。
こうも暑いと東山動植物園(千種区)の動物たちもぐったり。そんな中、・カナダヤマアラシは氷を抱き枕にして、オオアリクイは大好きな水浴びをして猛暑を乗り切ろうとしている。

 「ムック、ルーリー、氷だよ」。
飼育員の山岸景子さん(37)が登り木の踊り場に厚さ3cmほどの氷を置くと、木のてっぺんでぐったりしていたカナダヤマアラシの雄のムックがのっそりと木を下りてきた。
氷の上に乗ると目を細めて動かなくなった。
 ムックを見てペアの雌のルーリーも氷に寄ってきた。
ルーリーはかじるのが好み。
「シャリシャリ」と削るような音が聞こえてきた。
 山岸さんによると、名前の通りカナダや米北西部に生息しており、暑さに弱い。
6月から氷をあげており、午後1時半ごろに氷をやることが多いという。
 オオアリクイの雄サビオは水浴びが大好き。
ドイツ・ドルトムント動物園生まれで、英国から昨夏来園した。
 飼育員の武田梓さん(32)がホースの準備をするといそいそと寄ってくる。
水を掛けてやると、ごろんと寝転び、後ろ脚をがばっと広げた。
水を腹に当て、気持ちよさそうに目を細める。
ふさふさの尻尾も洗い終えると、立ち去った。
 オオアリクイは体温が32度程度と低く、寒さに弱いという。
長い尻尾を体に巻き付け、布団代わりにして寝る。
「布団の洗濯も兼ねているようです」と武田さん。
暑い日の午後、水浴びを見られる。

170815zoo1

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

写真 | 動物 | 動画 | 携帯・デジカメ | 野鳥