カテゴリー「携帯・デジカメ」の記事

2013年2月26日 (火)

PowerShotSX130ISとワイコン

自分は、2010年9月中旬からPowerShotSX130ISを使っていて、PowerShotSX130ISについての記事を書いているが、この機種を買ってから東山動物園に行っていないので、動物園で使ったことはない。
100920_12bw

先日に、PowerShotSX130ISとフィルタの記事で、2010年の発売から2年半が過ぎたので、PowerShotSX130ISの技術を公開する気になったついでに、もう一つ公開する。

PowerShotSX130ISの広角端は28mmであるが、最近は広角28mmより広い範囲を撮れるデジカメが増えている。
そこで、PowerShotSX130ISにアダプタをつけられるように改造したので、これに手持ちのワイコンが取り付けられないか試してみた。
100921_01
(上は、PowerShotSX130ISにアダプタ+クローズアップレンズをあてがった姿)

手持ちのワイコンをPowerShotSX130ISに取り付けた結果は、
アダプタの長さが長すぎて、PowerShotSX130ISの広角端ではケラレるし、
ケラレない程度にズームすると、ワイコンを取り付けているのに、PowerShotSX130ISの広角端で撮った画像と画各が同じになって、ワイコンを取り付けた意味がなくなった。

そこで、アダプタを細工することにしたが、その方法は秘密にしておく。
130312_14
↑という形状になったが、多少の誤差はあったもののなんとか無事に約23mmの画角で撮ることができた。

PowerShotSX130ISの広角端近く(換算23mm:ワイコンあり)
130312_13

PowerShotSX130ISの広角端(28mm:ワイコンなし)
130312_09

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

PowerShotSX130ISとフィルタ

自分は、2010年9月中旬からPowerShotSX130ISを使っていて、PowerShotSX130ISについての記事を書いているが、この機種を買ってから東山動物園に行っていないので、動物園で使ったことはない。
100920_12bw

PowerShotSX130ISについての記事の中で、
シャッタースピード優先AEで流し撮りをしたり、小さな滝の水の流れ方の表現を変えたり、
絞り優先AEで、絞りを変えてボケ具合を比較したり、
している。

100926_51
その中の、小さな滝の水の流れ方の表現を変える画像↑で、「Canon PowerShotSX130ISで撮影、ND8使用」とサラッと書いているが、これはND8フィルタ↓を使って、デジカメを三脚に固定してスローシャッターで撮ったのである。
070609_26

2010年に買った当時は、この技術を公開する気はなかったが、あれから2年半が過ぎ、PowerShotSX130ISに興味を持っている人もほとんどいないだろうから、この技術を公開する気になった。
下記は、PowerShotSX130ISにアダプタ+クローズアップレンズをあてがった姿である。
100921_01
このようにして、、PowerShotSX130ISにND8を取り付けて撮ったのである。

上の画像で、クローズアップレンズと言っているのは、下記の2枚のどちらかである。
クローズアップNo.2
070721_01
クローズアップNo.4
090330_01
No.2とNo.4の違いは、下記の通りに寄れる距離の違い
HAKUBA フィルタークローズアップNo.2 撮影距離 : 約24〜56cm
HAKUBA フィルタークローズアップNo.4 撮影距離 : 約17〜25cm

クローズアップレンズを使うと、小さいものを歪みなく大きく撮れる。
クローズアップレンズを使わないと、ズームを使った時に近くまで寄って撮れない。

焦点距離28mmでマクロ:被写体まで5cm(被写体までの距離はボディ前面からの距離)
100921_02
Canon PowerShotSX130ISで撮影

焦点距離51.5mmでクローズアップNo.4使用で撮影最短距離
100921_06
Canon PowerShotSX130ISで撮影、クローズアップNo.4使用

滅多に使わないが、一応、PLフィルタも持っている。
070522_01
PLフィルタは、絞り1段半~2段ぐらい減光するようである。
このフィルターは2枚重ねのような状態になっていて、前のほうをくるくる回して一番暗くなった位置が 最も効果がある。反射除去効果には平面に対して30~40°の時が最も効果があり、色彩コントラスト 効果には順光で太陽に対して90°の角度が最も効果的。(日中は地平線付近、日没頃は頭上付近の空に いちばん効果的。)使用時に太陽の方向に合わせる▲マークのみ刻印されています。
Plfilter

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

デジイチは背景がボケるから・・・

写真で最も重要なのは構図で、被写体以外がボケればいい写真に見える。
デジイチは背景がボケるから、いい写真に見えるのだと思う。

コンデジとデジイチで撮った、似たようなカバの構図を比べてみた。

落ちる水を大口で受けるカバ(1)より
080913_146
Canon PowerShotS3ISで撮影

落ちる水を大口で受けるカバ(2)より
080913_148
Canon PowerShotS3ISで撮影

大口開けるカバが撮れたより
100710_192
K100Dsuper(70-300)で撮影

デジイチで撮ったのは、カバ以外の背景などがボケていて被写体がはっきりするので、いい写真に見えるだけで、コンデジで撮ったカバの構図でも、デジイチで撮っていれば、もう少し見栄えがしていたと思う。

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

I Love PowerShot

2010年秋から東山動物園に行っていなくて書くネタがないので、使っていたPowerShotでも・・・。

I Love PowerShot(わしぁPowerShotが好きなんじゃ!!)

所有した8台PowerShotの勇士たち。
6powershot
2powershotsx130is

所有した8台のPowerShotoの内で、6台のPowerShotの製品比較表
S2isa540a70hikaku

S3isa710isa570ishikaku

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

PowerShotSX130IS買ってから、東山動物園に行ってないなぁ。

ブログのアクセスログを見ていると、動物の記事へのアクセスに負けず劣らず、PowerShotSX130ISについての記事へのアクセスがある。
デジカメ記事を書くのは好きだが、それは裏のブログで主に公開していて、このブログは東山動物園の動物ブログである。
そういえば、昨年(2010年)9月中旬にPowerShotSX130ISを買ってから、東山動物園に行っていない。
昨年(2010年)9月下旬に東山植物園に行っただけである。
PowerShotSX130ISは、焦点距離28-336mmで使いやすくて重宝しているので、動物園での有効性を試したかったのだが。
100920_08bw
Canon PowerShotA710ISで撮影
100920_11bw

100920_12bw

所持しているPowerShotA710ISやPowerShotS3ISとPowerShotSX130ISを比較。

. SX130IS S3IS A710IS
映像エンジン DIGIC4 DIGIC2 DIGIC2
撮像素子 1/2.3型CCD
約1240万画素
1/2.5型CCD
約620万画素
1/2.5型CCD
約740万画素
焦点距離
(開放F値)
28-336mm
(F3.4-5.6)
36-432mm
(F2.7-3.5)
35-210mm
(F2.8-4.8)
マクロ撮影 1-50cm(W) 0-10cm(W) 1-55cm(W)
液晶モニター 3.0型TFTカラー(約23.0万ドット) 2.0型TFTカラー(約11.5万ドット) 2.5型TFTカラー(約11.5万画素)
AF方式 9点AiAF/中央1点/顔優先AiAF/コンティニュアス選択可能 TTL1点AF(任意位置設定可能) 9点AiAF/中央1点(任意位置設定可能)
ISO感度 ISO80-1600
(ローライト時はISO6400まで)
ISO80-800 ISO80-800
シャッタースピード 15-1/2500秒 15-1/3200秒 15-1/2000秒
連写 通常:約1.0画像/秒 通常:約1.5画像/秒 約1.7画像/秒
撮影モード オート、プログラム、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出、らくらく、ポートレート、風景、キッズ&ペット、シーンモード(オートシャッター〈スマイル、ウインクセルフタイマー、顔セルフタイマー〉、ローライト、極彩色、オールドポスター、ワンポイントカラー、スイッチカラー、魚眼風、ジオラマ風、ビーチ、新緑/紅葉、スノー、打上げ花火)、動画 オート、プログラム、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出、カスタム、ポートレート、風景、夜景、スポーツ、スペシャルシーン(新緑/紅葉、スノー、ビーチ、打上げ花火、パーティー/室内、ナイトスナップ、ワンポイントカラー、スイッチカラー)、スティッチアシスト、動 オート、プログラム、シャッタースピード優先、絞り優先、マニュアル露出、ポートレート、風景、夜景、スペシャルシーンナイトスナップパーティー/室内、キッズ& ペット、新緑/紅葉、スノー、ビーチ、打上げ花火、水中、ワンポイントカラー、スイッチカラー)スティッチアシスト、動画
光学手ブレ補正(IS) 常時/撮影時/流し撮り 常時/撮影時/流し撮り 常時/撮影時/流し撮り
動画 1280×720:30fps
640×480:30fps
320×240:30fps
640×480:30fps/15fps
320×240:30fps/15fps、動画ボタンあり
640×480:30fps/15fps
320×240:30fps/15fps他
電源 単3形電池(2本) 単3形電池(4本) 単3形電池(2本)
大きさ(幅・高さ・奥行き) 113.3×73.2×45.8mm 113.4×78.0×75.5mm 97.5×66.5×41.2mm
質量(バッテリー・メモリーカード含む) 約308g/約260g(本体のみ) 約510g/約410g(本体のみ) 約260g/約210g(本体のみ)
撮影可能枚数 約370枚(単3形ニッケル水素電池) 約550枚(単3形ニッケル水素電池) 約360枚(単3形ニッケル水素電池)

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

機材を処分するとしたら・・・

先日エイデンにPowerShotSX130ISを見に行ったら、ビックカメラと同様に取り寄せ状態だった。
8月26日発売で、あのデカさと重さで人気が高いとも思えないので、生産台数が少ないのだろうか。
ネット(価格com)で見たISO1600の画質はソコソコなので、あのデカさと重さを我慢すれば、自分のほしい機能のデジカメである。
その場合に、手持ちの機材を少し処分した方がいいと思って相場を調べた。
もしPowerShotSX130ISを買っても、K200DとPowerShotS3ISは手元に残しておきたい。
K200ds3is
売ってもいいのは下記の機材である。

◆PowerShotA570IS 4000-(希望価格)
◆アダプタ(LA-DC52G) 700-(希望価格)
◆ワイコン(WC-DC52) 1500-(希望価格)

PowerShotA570IS本体のみ
070419_01

PowerShotA570ISにワイコン(WC-DC52:0.7倍)とアダプタ(LA-DC52G)を付けた場合
070419_11

◆PowerShotA710IS 5000-(希望価格)
Psa710is

◆K100Dsuper 15000-(希望価格)
K100dsuper

◆シグマMF400mm 15000-(希望価格)
100903_01

機材が古くなったせいか、下取り価格もヤフオクでの価格も、あまりいい値段がついていない。
ほとんど使っていない機材もあるが、どれも故障せずに普通に使える機材である。
希望価格は、最近ヤフオクで落札された価格だが、PowerShotは人気がないようで、落札価格が結構低く感じる。
中古で買った機材(K100DsuperとシグマMF400mm)はまだしも、新品で買った機材(PSA570IS一式とPSA710IS)の金額を考えると、この安い値段で売るなら手元において、以前のように姪にあげるかもしれない。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

動画サイト画質比較(zoome、@niftyビデオ共有、YouTube)-3

2007年の春頃から写真だけでなくデジカメで動画を撮っていて、サイズはデジカメで設定できる最小の320x240・15fpsである。
動画をネットで見せるために、2007年6月頃に日本語版YouTubeができる前から、@niftyビデオ共有を使っている。
自分は@niftyビデオ共有が好きだが、過去にH.264の動画付き日記を書けるzoomeやアクセス数が伸びるが画質が悪いYouTubeの動画サイトと画質比較を数回したことがある。

2007年11月:YouTubeと@niftyビデオ共有の比較
2008年9月:zoomeと@niftyビデオ共有とYouTubeの比較
2009年1月15日にH.264へのエンコードを開始したので、、FLVとH.264の違いを調べた。
2009年1月:zoomeと@niftyビデオ共有とYouTubeの比較

使用したのは、PowerShotS3ISで撮影した動画で、 形式変換していないオリジナルファイル(avi形式:320x240・15fps)を各動画サイトにUPしている。

zoome

@niftyビデオ共有(H.264の場合)

YouTube

【zoome】:長さ無制限・サイズ500MB以下。30日で1GB以下。自分はほとんど使用していないので、アクセス数など詳細はわからない。
【@niftyビデオ共有】:長さ12分未満・サイズ100MB以下。アクセス数は少なく、mixiの日記に貼り付けリンク不可。
【YouTube】:長さ10分未満・サイズ?未満。アクセス数がとても多くて、mixiの日記に貼り付けリンク可能。 UPして公開されるまでものすごい時間がかかる。

動画投稿本数

動画投稿本数 2008年9月 2009年1月 2010年5月
zoome 19万本 31.6万本 103万本
@niftyビデオ共有 7万本 9.4万本 19万本
YouTube いっぱい たくさん ものすごい数

動画サイトで有名なのはYouTubeであり、アクセス数がかなりある。
自分は@niftyビデオ共有を使っていて、以前はYouTubeより画質がいいと思っていたが、今回比較したらほとんど変わらなくなっていた。
2008年1月には、「PeeVee.TV」と「ドガログ」を試していて、チアドラゴンズのダンスのBGMが著作権に・・・という文句メールが両方から来ていた(ドガログは現在なし)。
2008年9月に、動画付き日記を書けるzoomeを試していて、動画の画質が良いが日記なしで動画だけのUPは無理みたい。
チアドラゴンズのダンスをzoomeで試そうとしたが、Q&Aで2009年7月23日からの基準で、JASRAC管理曲のCDに合わせてパフォーマンスを行う動画は投稿できないとなっているので、チアドラゴンズのダンスの動画はたぶん公開拒否されるだろう。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

カピバラとホワイトバランス

東山動物園でカピバラを見た。
ホワイトバランス、オート
100124_104
K100Dsuper(70-300)で撮影、×1.5テレプラス使用
今回たくさん撮った画像は【写真:アルバム】東山動物園(10年1月)に。

ホワイトバランス、曇天
100124_105

きれいに撮ってよね!
100124_108

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

望遠レンズでキリンを撮る

以前に、東山動物園でアミメキリンのあかちゃんを数回撮っている。
キリンのあかちゃん(1)
キリンのあかちゃん(2)
キリンのあかちゃん(3)
キリンのあかちゃん(4)
キリンのあかちゃん(5)、出てこいやー
キリンのあかちゃん(6)
キリンのあかちゃんと親
キリンのあかちゃん(7)、かなり大きく撮ったぞー!
キリンのあかちゃん(8)
キリンのあかちゃん(9)
キリンのあかちゃん(10)

キリンのアゲハの画像がありますが、アゲハが死亡した日(2010年2月4日)の前に撮っていて、ようやく公開です。

以前にPowerShotS3ISとテレコンを使って、あかちゃんを大きく撮ったことがあるので、今回はテレプラスとシグマ Telephoto 400mm F5.6 MFを使って撮った。
100110_023
K200D(400)で撮影、×1.5テレプラス使用、(600mm:換算900mm)
↑↓キリンのあかちゃんはかなり成長していた。
100110_024
成長したけど多くの人が怖いのか、以前と同じように引っ込んでしまった。
100110_026
K200D(400)で撮影、×1.5テレプラス使用、(600mm:換算900mm)

他のキリンを撮ってみたら、400mm+テレプラスは必要ないほど大きく撮れる。
100110_025
K200D(400)で撮影、×1.5テレプラス使用、(600mm:換算900mm)

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

望遠レンズ購入・・・レンズ沼にはまった?

レンズ(70-300)に1.5倍のテレプラスを付けても450mm:換算675mmであり、鳥を撮るには物足りない。
以前から、ケンコーのミラーレンズ500mm(F8の製品(約15000円)それなりの画質:320g・F6.3の製品(約3万円)画質が良くなった705g)を考えたり(K10Dでの作例K100Dでの作例70-300の場合)、アダプタ(アダプトール)が必要なタムロンのミラーレンズ500mmF8(595g)(K100Dでの作例)や、そのまま付けられるトキナーのミラーレンズ500mmF8(485g)を考えたりしていた。
ヤフオクで、トキナーのミラーレンズ500mmF8を1.5万円で見つけた時に買おうか迷っていたら、落札されてしまった。
多くのミラーレンズのF8は暗いらしいから、少しでも明るいレンズをと思って探していて、トキナRMCのMF400mm F5.6(990g)を1.7万円で見つけたが、迷っているうちに落札されてしまった。
トキナRMCのMF400mm F5.6(K100Dでの作例)の記事を見ていて、SIGMA APO TELE MACRO 400mm F5.6がいいらしいと分かったので自分も探したが、ヤフオクでは見つからなかった。
このレンズ+1.5倍のテレプラス(SHQ)をK100Dでの作例があり、600mm:換算900mmで鳥を大きく撮っている。
同じSIGMAの400mm F5.6でも、“TELE”や“TELE PHOTO”とは別物ですとあったが、シグマ Telephoto 400mm F5.6 MFを買ってしまった。
100107_05
Canon PowerShotA710ISで撮影
この人は1.5倍のテレプラス(SHQ)を使っていた後で、SIGMA APO TELE CONVERTER×1.4を使っていた
KENKO TELEPLUS 1.5倍よりもファインダーが見やすいようでピント合わせが楽とのことだった。
自分が買ったレンズには使えなかった。
今回買ったレンズを含めて、レンズが4本になった。 (タムロン17-50mm(F2.8):A16、タムロン18-200mm:A14、タムロン70-300mm:A17。以前に持っていたシグマ28-70mm(F2.8)は売った)
自分では、必要なレンズを揃えただけで余分なレンズは処分しているので、レンズ沼にはまったつもりはないが、レンズ4本というのはレンズ沼にはまっているのだろうか。

70-300レンズと400mmレンズとの違いを比べた。
下記の花の画像は全て、被写体まで4.5m。
100107_07
K200D(70-300)で撮影、(300mm:換算450mm)

100107_11
K200D(400)で撮影、(400mm:換算600mm)

100107_12
K200D(400)で撮影、×1.5テレプラス使用、(600mm:換算900mm)
400mmの後ろにテレプラスを付けた姿
100107_06

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

写真 | 動物 | 動画 | 携帯・デジカメ | 野鳥